お知らせ・新着情報 ニュースや新着情報をお知らせします

CMSの価格を考えてみる。

2011-08-07 (Sun) 18:53

どんなモノでも“料金”“価格”は気になりますし、重要ですねひらめき電球

今回はCMSのコストを考えてみます。

以前から私は自分のホームページを運営するためにCMSを「使用するユーザーの立場」で探していまして、いろいろなところからリリースされているCMSを試してみたり、資料請求、見積り請求して来ました。

ここで分かったことは・・・

ひらめき電球価格が安いCMSは、操作が難しい

ひらめき電球価格が高いCMSも、操作が難しい

ひらめき電球どれもデザインが同じようなテンプレート

ひらめき電球デザインを好みに変更しようとすると、自分では出来ないしお願いするとコストが掛かる

ざっと、上のような感想が出て来ましたが・・・

 

求めるものがワガママ過ぎるのか?

ある程度のWEB知識が足りなさ過ぎるのか?

ビジネスブログをカスタマイズしてホームページとするCMSもありますがSEO対策などでは有利かと思いますがデザインはテンプレートがメインなのでやはり、どこかで妥協することも必要かと思います。

しかし価格が安いものも高いものも「操作が難しい」となると単純に使う人の“慣れ”の問題ではないか?と感じました。

では、ここまでの結論は・・・

hoshi* 月額5,000円前後の安いCMSは、オプション価格に注意するべき。
(独自ドメインやSEO対策、オリジナルデザインなど、結果的には月額10,000円前後になるのがほとんど)

hoshi* 高額なCMSは、あまり必要ない機能まで含まれているので宝の持ち腐れになる可能性があるか、運営会社の営業マンなどの人件費が高い可能性がある。

hoshi* 自分に合うCMSを見つけるには、「お試し期間」でじっくりと操作性と機能を検討するのが間違が少ない。

 

以上、簡単にまとめてみましたがポイントは、やはり使う人が実際に使って相性を確かめる作業が重要ですねビックリマーク

何でも同じですが、“相性”は重要です重要

自分の目でコストパフォーマンスが一番良いと感じるものを選んでください。



Comments

Name: 

URL:

Comment:


お申込みとお支払い方法

まずは、無料14日間お試し登録で使いやすさを体験してください。C­M­S­ツールA­-­c­h­a­l­l­e­n­g­e­では、ご利用料金をお支払いただく前に機能などを充分に納得いただけるよう、14日間の無料お試し期間をお薦めしております。無料お試し登録から正式お申込みへの流れ1.無料お試し登録ご希望のI­D­とパスワードを入力し登録を行ってください。無料お試し登録で作ったページはそのままお使い頂けます。無料14日間登録期間で機能や使い方を確認しつつ、ホームページの掲載内容やコンセプトなども同時にご検討ください。2.正式申し込み機能などが気に入り正式にお申込みの場合は、ご利用料金ご入金をお願致します。お申込み確認後、こちらからお支払に関す.­.­.­